新古車、未使用車とは何?車を買う前に知っておきたい新古車、未使用車のメリットとデメリットの紹介

広告

車を購入する際は殆どの方がカーセンサー等の中古車情報を見ると思いますが、条件の良い車両を探すと「新古車」「未使用車」といった走行距離の極端に少ない車両を目にすると思います。

今回はこれらの車両は一体どんな車両なのか?新車との違いや、メリット・デメリット、購入時の注意点について紹介したいと思います。

広告

新古車、未使用車とは?違いはどこにある?

まずは新古車、未使用車がどのような車両なのか、どのような違いがあるのか説明します。

新古車とは?

俗に言う新古車とは状態はほぼ新車なのですが、既に一度ナンバーが交付された状態で売られている車を言います。

誰かが車両を購入し、登録費用等を支払ってナンバーを交付し、一般道を走れる状態にも関わらず何らかの理由により即売りに出されている車です。

未使用車とは?

未使用車とは走行距離が極端に短い車両を指します。

だいたい総走行距離が数km~多くても30kmくらいが一般的です。

一般的に未使用車と言われる車両も新古車と同様、既に1度登録されています。

新古車と未使用車の違いは?

どちらも明確な定義があるわけではないので、新古車と未使用車は同じと考えて頂いて構いません。

  • 既に1度登録されている
  • 走行距離が極端に短い
  • 新車を買うより安い

↑このような車両の事を新古車もしくは未使用車と呼ぶと思って下さい。

以後このページでは新古車として説明します。

買ってすぐ売るってどういうこと?新古車が流通する理由

ほぼ新品の状態で安く売られるには当然訳があります。

怪しくも思うかもしれませんが、仕組みをしればきっと安心できることでしょう。

販売目標達成の為に使う苦肉の策

自動車ディーラー(販売店)にはメーカー側が決めた販売目標台数という名のノルマのような物があります。

目標台数を達成すれば販売奨励金としてご褒美があるのですが、このご褒美をもらうためにディーラーは自社で車を購入して目標を達成しようとするのです。

この時に購入された車が新古車として新車よりも安く売りに出されます。

とりあえず買って、買い手が見つかるまで置いておいては?

と思う方もいるかもしれませんが、車の販売台数は登録(ナンバー)しないと1台にカウントされません。

その為、即登録します。1度登録された時点で中古車となるので、新車とは呼べません。

ただ、中古車でも車両自体は新品同様なので、新古車とか未使用車とか呼ばれているんですね。

その他にも予期せぬキャンセルが出てしまった車両も行き場を失って新古車として出回るケースもあるようです。

メーカーの人気演出

自動車メーカーには自社の車両が人気があると思われたい事情があります。

いくつか簡単に紹介すると

  • 大金かけて企画した車両が売れないと困る人達がいる(経営陣や企画・開発陣)
  • 多くの方の頭には潜在的に売れている車=良い車という認識がある為

上記のような理由でメーカーは販売台数を気にします。

その為、一部のメーカーでは販売店を通すことなく別ルートで新古車が出回ります。

新古車購入のメリット

新古車が流通する仕組みを理解すれば、怪しさも無くなったと思うので、新古車のメリットを紹介します。

価格が安い

最大のメリットしてはやはり価格が安いことです。

後に説明しますが、状態は新品といえ、デメリットもいくつかあるので新品と同じ価格では売れません。

デメリット以外に、新車購入時の諸費用(重量税、取得税、車検、自賠責等)が全てではありませんがかなり軽減されます。

諸費用だけで車両によっては30万以上も違ってくるので、かなりお得です。

納期が短い

一般的に新車の場合早くても1ヶ月~人気車両だと半年以上の納期が必要となりますが、新古車であれば名義変更くらいなので早ければ数日で車を入手することが可能です。

※納車待ち期間が長い車種の場合、価格的なメリットが薄くなるどころか、逆に新古車のほうが高くなる場合もあります。

新古車購入のデメリット

メリットがあれば当然デメリットもあります。

人によってはたいした問題とは思わないかもしれませんが、一応知っておきましょう

メーカーオプションの選択ができない

既に出来上がっている車両なので、新車購入時にしか選択できないオプションは当然選べません。

希望と合致する新古車があれば良いですが、基本的には妥協が必要だと思ったほうが良いです。

購入者は2オーナー目となる

新古車(未使用車)なので実質的には1オーナー目ですが、実際は2オーナー目となります。

2オーナー目という理由だけで車両の価値に大きく響くことはありませんが、各所の記録では2オーナー目として記録されることを理解しておきましょう。

ディーラーとの関係を築きにくい

通常新古車の購入はディーラー以外の中古車販売店のケースが多いです。

ディーラーから新車購入となれば、ディーラーの担当者が付き関係を築けますが、新古車の場合はそうは行きません。

ディーラーとの関係が既に築けていたり、ディーラーで車のメンテはしない人にはあまり関係ないデメリットですね。

新古車探しのコツは?新古車の大半は表に出ない

新古車というか中古車全般に言えることですが、一般の人が自力で探せる中古車は中古車市場の僅か30%と言われています。

残りの70%は一般に公開されることなく人出に渡るそうです。

その数なんと年間60万台!!

当然、条件の良い新古車はネットや雑誌に乗る前に人出に渡ってしまいますので、あなたが自力で見つけられる新古車の数は少なく、価格的なメリットも薄くなっています。

中古車お探しサービスを利用しよう

中古車お探しサービスを利用すると、一般人では見ることができない最新の非公開車両の中から無料で車を探してもらうことができます。

私は最近発売から1ヶ月程度しか経っていない車両をダメ元で探してもらったのですが、まだ納車された人も少ない中、既に30台近い新古車が見つかりました!

新古車を探す際は備考欄に「新古車希望」と書きましょう。備考欄にはその他希望する条件を入れることをオススメします。車種によってはかなりの数の中古車があるので。

無料の中古車お探しサービスはコチラ

希望の車種、グレード、カラー、オプション、予算等を伝えて待つだけなので、車両購入を検討している人は是非利用しましょう。

新古車購入時の注意

新古車を購入する際はメーカー保証の継承手続きを忘れずに行うようにしましょう。

オーナーが変わっても車は販売から一定期間(3~5年)の保証があるのですが、継承手続きしないと保証が受けられません。

購入の際には必ず保証の継承手続きについて聞いておきましょう。

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">