本革製品のお手入れならLeather Master がオススメ!UNITERS レザーマスターで乾燥してカサカサになった本革製バッグのメンテナンスをしてみた

広告
uniters leather master leather care kit

部屋の整理をしていたら昔お気に入りだった革製のバッグが出てきたのですが、ろくに手入れもしないでしまっていたので、表面は乾燥しているのかカサカサになり、見た目もひどいことに。

手元に本革製ソファーの手入れ用のUNITERS Leather Masterがあったので、塗ってみました。

広告

本革は栄養がなくなると乾燥してしまう

乾燥した本革バッグ

↑乾燥してしまった革製バッグです。

表面はカサカサになり、粉が吹いたような状態に。

本革は加工段階で栄養分が与えられているそうなのですが、手入れをしないと栄養分がなくなり乾燥し、劣化やヒビ割れの原因となるようです。

このバッグは毎日のように使っていたので、時には雨で濡れたりしていましたが、何も手入れをしてきませんでした。

その結果、見た目も劣化し手触りに関してはガサガサです。

結構高かったバッグですし、まだ使いたいのでどうにかしたい。

何かないかと調べていて見つけたのが、Lether Masterのレザーケアキットです。

革製家具の手入れ用に家にあったので、使ってみることにしました。

UNITERS Lether Masterは革製品に栄養と潤いを与えます

Lether Masterのレザーケアキットはイタリア製の革製品のクリーニングと保護を目的に作られた世界初の製品です。

革製品の汚れ落とし用のLeather Soft Cleanerと、革に栄養を与え、汚れを防ぐLeather Protection Creamがセットになっています。

レザーソフトクリーナーとレザープロテクションクリーム

商品説明を見ると革製の家具はもちろんのこと、バッグや小物にも使えるとあります。

正しい使い方としてはクリーナーで綺麗にした後にクリームを塗りますが、今回使用するバッグに目立つ汚れは無いので、クリームだけ塗ります。

プロテクションクリームを塗る前

レザープロテクションクリームを塗る前のバッグ

乾燥してカサカサになり、軽く粉を吹いているような状態なのですが、写真見てもよくわかりませんね。

部分的に塗ってみる

違いがわかるように部分的に塗ってみました。

革バッグに部分的にプロテクションクリームを塗ってみる

左側のみレザーマスタープロテクションクリームが塗ってあります。

表面が滑らかになり、手触りも柔らかく良い感じです。

乾燥で白っぽくなった表面が本来の色を取り戻しました。

※クリームが合わないこともあるので、最初は目立たない場所に少し塗って異常が無いか確認してからやりましょう。

塗る前

lethermasterを塗る前のバッグ全景

乾燥しているので、てかりが有ります。

↓拡大図

クリームを塗る前の革の表面拡大図

塗った後

レザーマスタープロテクションクリームを塗った革バッグ

革に潤いが加わったことにより、てかりが無くなり表面がしっとりとします。

↓拡大図

クリームを塗った後の革の表面拡大図

塗り方

レザーケアキット付属のタッチアップクロスか、柔らかい布に少量を取り薄く伸ばします。

革の表面の加工によってはよく染みこむので結構な量が必要になるかもしれません。

塗った後は数時間自然乾燥させるだけです。

※商品説明によるとスエードやヌバック等の起毛素材には使えないそうです。

全体的に塗ってみた

仕上がりに問題は無さそうなので、全体的に塗ってみました。

lethermasterで保護した革製バッグ

全体に塗るとよくわからないですね。

乾燥で白っぽくなっていたバッグがプロテクションクリームで栄養を与えることにより本来の色を取り戻しました。

表面も滑らかになり肌触りも良いです。

違いがわかりにくいので、もう一箇所比較用に塗り残してみました。

下がプロテクションクリーム塗布後です。

塗る前と後の比較画像

↓拡大図

lethermasterを塗る前と後の比較画像の拡大図

下のほうがしっとり感があるのがおわかり頂けましたでしょうか?

本来革製品が傷まないように保護する為の物ですが、このように傷んだ革に対しても有効です。

大事な本革製品のお手入れにオススメ!

ユニタス レザーマスターはカリモクやACTUS等の家具メーカーの店頭でも推奨品として販売されており、革製品のメンテナンスには最適な製品かと思います。

レザーマスター 皮革専用クリーナー・クリームセット【並行輸入品】 (250ml)

※正規品と並行輸入品が手に入りますが、並行輸入品のほうが圧倒的に安いです。

私が確認した限り、Amazonで販売されている並行輸入品は問題ありませんでした。

大事な革製品を長く使うためにも持っておきたいメンテナンスツールですね。

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">