iOS8.1.3が出たけど脱獄できないらしいので、今のうちにsoftbankのiPhone4sを8.1.2にアップデートしておくことにした。

広告
スクリーンショット 2015-01-29 12.50.38

iOS8.1.3が出ましたが、現時点で公開されている脱獄ツールではjailbreakできないらしいです。

【注意】iOS 8.1.3は脱獄が出来ません!「TaiG」&「PP越狱」はiOS 8.1.3に未対応

上記ページによると次の脱獄ツール公開は早くても4月以降とのことで、いつになるかわかりません。

今ならまだ脱獄可能な8.1.2への更新が可能とのことなので、アップデートしてみることに。

端末はsoftbankのiPhone4S(iOS7.1.2)です。

特に更新の必要性を感じていなかったのですが、いつの間にかFacetimeが使えなくなってしまったので更新を決意

最終的にiOS8.1.2に更新→脱獄→純正テザリングを使えるようにするのが目標です。

追記:完了しました。→脱獄 →純正テザリング

更新に関する基本的な手順はこちらを参考にさせてもらいました。

※2015/1/29 am9:30頃アップデートしました。私がやった時点ではまだ8.1.2への更新が可能でした。

※2015/2/5 am9:19時点でまだ8.1.2へのアップグレード、ダウングレード可能です。

※8.1.2のSHSH発行が終わった為、もう8.1.2へのアップグレード、ダウングレードはできません。

広告

iTunesを最新に

いつもはアップデートの通知を無視していますが、念のため最新にアップデートしておきます。

執筆時点のiTunesの最新バージョンは12.0.1.26です

バックアップ

iPhone今すぐバックアップ

今回のOSアップデートではデータが全て消えてしまうので、事前にiTunesでバックアップしておきます。

OSアップデート後にこのバックアップから写真や音楽等を復元します。

iOS8.1.2のファームウェアをダウンロード

iPhone4S用のファームウェアはここからダウンロード

容量は約1.5GBでした

他の端末用のファームウェアは参考サイトに一覧で掲載されています。

いざアップデート!

itunes今すぐ更新ボタン

itunesの「iPhoneを復元」をshiftキー(Macの場合はOptionキー)を押しながらクリックして、事前にダウンロードしたファームウェアを指定します。

iphoneの内容は消去され、iOS 8.1.2ソフトウェアで復元されます。

↑こんなダイアログがでるので、復元を選択するとアップデート開始です。

iOS8.1.2更新中

しばらくどきどきしながら待ちます。

iOS8.1.2更新完了

無事完了

itunes上でiOS8.1.2

iTunesでも8.1.2になりました。

初期設定

アップデート後は初期化された状態なので、初期設定をします。

  • 言語の選択
  • キーボードの選択
  • 国の選択
  • WIFIの設定
  • 位置情報サービスの選択

説明する程ではないかと思いますので、省きます。

私の場合、Gevey Ultra S+MVNOのSIMだったので↓こんな表示が出て進めませんでした。

2015-01-29 09.35.43

対策はコチラ

softbankのSIMを一時的に入れて回避しました。

バックアップからデータを復元

初期設定が終わると新しいiPhoneなのか、バックアップから復元するのかの選択画面が表示されます。

2015-01-29 09.40.02

iTunesでバックアップしたデータから復元するので、「iTunesバックアップから復元」を選択

してから・・・かれこれ二時間は経過しているのだが、終わらない。

24時間近く経過して完了しました。

2015-01-30 08.42.34

長すぎ。

iPhone4S+iOS8.1.2クソ重たいです

OS7からのアップデートでしたが、動作が重すぎて耐えられないレベルです。

4SをOS8未満からアプデートしようとしている人は注意してください。

現時点(1/30 AM10:30)でもまだiOS8.1.2へのアップデートは可能なようです。

スクリーンショット 2015-01-30 10.32.43

アップデートをしたい方はお早めに

※2/11できなくなりました。

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">