RaspberryPi(pidora)の時間のズレを治す ntpdateの自動実行を設定

広告
pidora時間設定

dateコマンドで時間を見ると案の定ずれている。

とりあえずタイムゾーンを変更

JSTになったけど時間はズレている。

一時的対応としてntpdateで時間を合わせる

これで時間があったが、これでは毎回起動の度に時間がずれてしまう。

なんとなく知っていたが、raspberryPiはハードウェア時計を持っていないので、時間を記憶できない。

広告

起動時&定期的に時刻を合わせる

起動時に1回だけでもいいかもしれないのですが、WEBサーバーとして長時間動作させる予定なので、定期的に時間を合わせるようにします。

時刻同期スクリプトの作成

時刻を同期するスクリプトを作成します。スクリプトといってもntpdateコマンド1行です。

下記を記述して保存

実行できるよう属性を変更します。

cronで定期的に実行

定期的にプログラムを実行したいので、cronに登録します。

毎時1分に実行して欲しいので↓こんな感じに記述して保存

で、実際に動くか待ったのですが、動かない。あれ、crond動いてないとかないよね?

調べてみる。

動いてません。

動かします。ついでに自動起動設定も行います。

これで大丈夫でした。毎時1分に時間がNTPサーバーと同期します。

起動時に実行するよう設定

起動時にプログラムが実行されるように、rc.localを作成します。

実行するコマンドを書きます。

同じくntpdateコマンドを記述しても良かったのですが、なんとなく一緒にしておきたかったので、上で作成したシェルを実行します。

再起動して確認

スクリーンショット 2014-04-22 02.27.24

起動時に時刻が設定されるようになりました

追記:時刻同期のタイミングを毎時から8時間に1回に変更することに。cronはこんな↓感じに

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">