(続き有り)Raspberry Piにffmpeg入れてスマホ用動画を作成

広告

注意

このページに記載の手順でffmpegのインストールはできましたが、後日libx264を使用したエンコードを試したところエンコードできませんでした。

後日再度インストールし直したので、↓こっちを参考にしてください。

pidoraにffmpegをインストール

Raspberry PiでiPhoneで撮影した動画の軽量化をしたかったので、ffmpegをインストールしました。
OSはpidoraなのでfedoraと同じなのですが、RPMが無い為ソースから入れる必要があり結構厄介だったので紹介します。

ほぼ全てソースからインストール&非力なRaspberryPiなので、トラブル抜きにしても結構時間かかります。
昔古いPCにLINUX入れた頃を思い出しました。

今回参考にさせて頂いたサイトです。

ffmpegを入れるのは(使うのも)初めてなので、参考サイトを見てもらったほうが良いかもしれません。

色々とインストールしていますが、基本的に必要なものなのかよくわかっていません。。

広告

x264のコンパイルに必要なyasmのインストール

これはyumで入れます。

MP4エンコードに必要なx264を入れます

よくわからないエラーが出ました。

Digest::MD5とかいうPerlのモジュールが見つからないようなので入れます。

あらためてコンパイル&インストール

aacエンコードに必要なFAACのインストール

またエラーです。

common/mp4v2/mpeg4ip.hの123行目あたりを編集します。

↑これを

↑こんな感じに/**/で囲んでコメントアウトします。
再度コンパイル&インストール

aacデコードに必要なFAADのインストール

ここからファイルを取得します。クライアント(windows)でダウンロードしてFTPでサーバーにアップロードしました。

mp3エンコードに必要なlameのインストール

ここからファイル取得します。(これ使う予定ないですけど、とりあえず入れたので書いておきます。)

Xvidのインストール

ffmpegは標準でMP4エンコーダーを持っているので、無くてもいいのですが、こっちのほうが綺麗に圧縮できるらしいので入れました。
これ入れる前に下に書いてあるオプションつけてffmpeg入れると↓こんなエラーが出ます。

共有ライブラリの情報更新

/etc/ld.so.confに一行追記します。

↑二行目を追加

共有ライブラリの情報更新

ffmpegのインストール

※非力なマシン(今回はRaspberryPi)でやるとmakeに2時間くらいかかります。時間が有る時にやりましょう。
svnで入手するので、先にsvn入れます

svnでダウンロードします。

configureでエラーが出る

ffmpeg の配布条件による制限のため そのままではFAAC は利用できないらしい。
ただし、自分でソースからコンパイルし –enable-libfaac –enable-nonfree とオプション指定すれば問題無いらしい。
自分でソースからコンパイルしてできたバイナリの再配布もしないのでオプションつけて実行します。

以上です。実際↓こんなエラーも出たりしてスゲー時間かかりました。

↑/tmpで作業していたのですが、/tmpが一杯になってしまった。

↑ldconfigしていなかった。

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">