pidora2014がリリースされていたので入れてみる

広告

リリースされていたからというよりは再インストールしようとダウンロードしたら2014になってたって話です。

pidora2014のリリースノートはこちら

Fedora18からFedora20ベースになったようです。

広告

インストール

基本的に以前と同じですので、インストール手順は↓ここを見てください。

RaspberryPiにキーボード、モニタ無しでpidoraをインストール Headless-Modeを使ってみた。

ロゴも新しくなったらしいですが、相変わらずモニタが無いので画面を拝めません。

IPとネームサーバーの設定

IPとネームサーバーは下記のファイルで設定します。

DNSの設定もifcfg-eth0に書きます。
癖でvi /etc/resolv.confとしたところ、↓こんな記述が出てきました。

# No nameservers found; try putting DNS servers into your
# ifcfg files in /etc/sysconfig/network-scripts like so:
#
# DNS1=xxx.xxx.xxx.xxx
# DNS2=xxx.xxx.xxx.xxx
# DOMAIN=lab.foo.com bar.foo.com

ifcfg-eth0にDNS1=の形式で入力するようになったみたいです。

ifconfig command not found

とりあえず起動してifconfigしたらcomannd not foundと出て使えない。

rootでログインしてるし、パスが通ってないわけでもない。

入っていないみたいなので、入れる。

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">