RaspberryPi用に揃えたその他小物(ケース、SDカード、ヒートシンク、モニタ用ケーブル)

広告

本体到着まで2日程間があったので、RaspberryPi用の小物の準備をして楽しんでました。

広告

これは絶対必要SDカード

起動には必ず必要です。今回はWEBサーバーで利用する予定でなので、読み書きが頻繁に発生します。

すぐ壊れてしまう気がしたので、起動のみSDカードにし、起動後は接続したUSBハードディスクで動作するようにしようと思います。

具体的には/bootのみSDカードで、その他はUSBハードディスクに入れる予定です。

bootのみなのでたいした容量は必要ありませんし、boot後はHDDから起動するので、早い物も必要ありません。

2014-04-09 11.13.33

昔のデジカメで使用していた上海問屋オリジナルの4GBのSDカードを使うことにしました。ちなみにClass6です。

一応、本家では4GB Class4以上を推奨してるらしいので十分ですね。

追記:通常のSDだとはみ出してるのが気持ち悪くてMicroSD+変換アダプタに変更しました。

MicroSD→SDへの変換アダプタはRaspberryPi用?のやつをヤフオクで落札しました。↓こんなの。

2014-05-20 11.49.21

MicroSDはAmazonで購入Class10 32GB 永久保証で1880円

安い。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) TS32GUSDHC10E (FFP)

2014-05-20 10.59.15

ケース

無くても問題ありませんが、形から入るほうの性格なので欲しくなってしまいます。

あちこち見た結果eBayで購入。中国からの発送で、到着まで結構時間がかかり、しばらく裸で使う羽目になりました。しかも届いた品はなんか使った形跡があり、傷だらけ・・・とりあえず我慢して使ってます。

オークションとかAmazonで買ったほうが確実かと思います。

ヒートシンク

ヒートシンクの取り付け箇所は主に下記の3箇所です。

  1. BCM2835(CPU、GPU等が統合されたチップ)
  2. SMSC LAN 9512(LAN、USBコントローラー)
  3. レギュレター

これもオークションやamazonで手に入ります。

ヒートシンクだけで3~5度くらいは違います。FANを使う場合はつけないともったいないので、付けましょう。

アルミ製と銅製の物が手に入りますが、銅製のヒートシンクは単体では放熱力が弱いので、ファンをつけない場合はアルミのほうが良いと思います。

私はなんかあちこち見てると結構つけてる人がいるので、つける方向に。

購入したケースにアルミのヒートシンクが3個付属していたので、とりあえずそのまま使用しています。

本当はグリスでつけたほうがよいのかもしれませんが、シールタイプになっていたので、そのまま貼りました。

モニタ

悲しいことにHDMI入力ができるモニタを持っていない。テレビはあるが作業場から遠い。

こんな専用モニタもありますが、RaspberryPiより高いのがちょっと許せない。

結局使えるかどうかわかりませんが、HDMI→RGB変換ケーブルをeBayで購入。(未だに届きません。)

追記:→届きました。使えませんでした。。

追記:RCAケーブルでテレビをモニター代わりに使用しました。

いつかRaspberryPi用に液晶を自作したいなーと思ってたりします。

ハードディスク

今回は大容量のWEBサーバー構築が目的なので、外付けの2.5インチUSBハードディスクを用意しました。

IO DATAの320GB HDD 使われないまま引き出しで眠っていました。

大容量HDDをこれから買うならこのへんが価格、容量的にオススメ

これらの部品でシステム構築をしようと思います。OSの選定へ

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">