台北サンワンレジデンスホテルの朝食は種類が豊富

広告
サンワンレジデンスの朝食

サンワンレジデンス旅行記の朝食編です。

宿泊客には2階ラウンジで6:30~10:00の間ビュッフェ形式の朝食が提供されます。

他の宿泊客もいたので、あまり写真は撮れませんでしたがサンワンレジデンスの朝食ビュッフェを紹介します。

広告

ホテル朝食定番のアメリカンブレックファースト

↑左からスクランブルエッグ、ベーコン、ソーセージ、最後はボイルしたポテトだったかな・・

ホテルの朝食としては定番のアメリカンブレックファーストですね。

一番右の黒い台はコーヒーが置いてあったはず。

日本食の品ぞろえが豊富

サンワンレジデンス 納豆

台湾も米を食べる文化があるので、米があるのは当然ですが味噌汁や納豆、焼き魚、海苔なんかもあって、後は生卵でもあれば完璧ではないかと思うほどです。

(あっても生卵は食べる気になりませんが。)

写真は飲み過ぎで思いっきり体調を崩した二日目のチョイスです。

食べ慣れた物だけ持ってきたので、台湾らしさがまったく無いですね。

サンワンレジデンスの朝食 納豆

納豆は日本から冷凍して輸入しているそうです。

とにかく種類は豊富

とりあえずありったけの写真です。

サンワンレジデンス無料の朝食

サンワンレジデンス 朝食バイキング

写真を見て思い出せる範囲で書き出します。

  • サラダ(野菜6種くらい)
  • シリアル(6種くらい)
  • オレンジ、リンゴ、マンゴー、トマトジュース、牛乳
  • フルーツ(メロン、スイカ、パイナップル)
  • 点心
  • 蒸しパン
  • おかゆ(付け合せ10種くらい)
  • 魯肉飯
  • ロースハムの塊
  • パン(5種くらい)
  • サンドウィッチ
  • 小松菜炒め
  • ゴマ団子
  • 鶏のから揚げ
  • 担仔麺(注文)
  • 揚げパンサンド(注文)
  • 焼きそば
  • 焼き魚(サバ)

覚えている限りではこんな感じでした。

2日目はひどい二日酔いだったこともあり、あまり覚えていません・・

宿泊客以外も朝食を食べられます

サンワンレジデンスは日本語の心配無し

サンワンレジデンスの朝食は宿泊客以外でも1人550TWD+10%チャージで食べる事ができます。

近隣の素泊まり宿やサウナに宿泊されている方もお金を出せばホテルの朝食が食べられますので、朝食は優雅に過ごしたいなんて人は訪れてみてはいかがでしょうか。

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">